Home会社をやっていく上で › 部下に対する本当の思いやりとは

部下に対する本当の思いやりとは

部下の成長を考えると厳しく指導したほうがいいに決まっています。

誰でも自分の能力やキャパ以上の課題を抱え、
それを乗り越えたときに成長できるわけです。
いわゆる”壁”にぶちあたってのびるってやつです。

これを上司がつくってあげることが長期的には本人のためになると思います。

ただし、いわゆる仕事を待つタイプの部下の場合、
こういうものは重荷と感じるため、あまり欲しくはないと思っているわけです。

彼らのようなタイプが楽しく毎日仕事できるようにという視点で考えると、
あまり高すぎる目標をつきつけるのではなく、
ほめることをベースに、叱り、鼓舞するというやり方も必要だとは思います。

このどちらをとるというのが難しい。。

会社の雰囲気や業務を回すということを考えると、
「部下のタイプごとにやり方を変えること」
「彼らが成長できるような課題を与えることを忘れないこと」
が今のところは正解ではないかと思ってやってます。

”部下を育てる力”
って、あまり大っぴらに評価されていないことなんですけど、
実際にはどんな組織でも通用する、
めちゃめちゃ価値あるスキルだと思います。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">